カテゴリー別アーカイブ: PCとかガジェットとか

自作PC組み替えたい

メモがてら

HDMI出力が死んだ。DPはまだ生きているのでなんとかしのいでいるけどいつ死ぬかわかったものじゃない。GPUは半ジャンクみたいなモノだし仕方ないとは思っている。
あと、ケースがかなりイケてないので、もう少しマシなケースに変えたい。
そんなわけで年内を目処に新しいPCを組もうと思う。

現状
CPU:A10-7870K
RAM:DDR3-1600 16GB
SSD:120GB
HDD:1TB
GPU:Radeon R9 270X
M/B:A88XM-A Plus
Case:ドスパラPCのM-ATX
Display:U2413

要求スペック
CPUは今よりよければいい(6C以上。Core iでもRyzenでも)
RAMは32GB欲しい
PCI-EのM.2 SSDが使いたい(容量は256GB~)
HDDは新しいのを買いたい(3TB位でいい)
GPUはGeforce GTX 1060位の性能(10bitカラー出力欲しいのでRadeon必須)
M/Bはそこそこのでいい(B360とかその辺)
ケースはATX対応で良いものにしたい(ここが重要)
ディスプレイは色再現性重視

モデル
CPU:Core i7 8700(or Ryzen 5 2600)
RAM:DDR4-2400 32GB(当初は16GBでもいい)
SSD:NVMe M.2 256GB(WD blackあたり)
HDD:3TB(WD blue)
GPU:Radeon RX 580(手に入ればVega56でも)
M/B:B360搭載ATX(or B450搭載ATX)
Case: Define R6位のやつ
PS:80Plus silver 600W
Display:U2413流用orそこそこ評判良いもの

想定は20万前後。
普通にゲーミングPCを買った方が良いのかもしれないな……。

EaseUS Data Recovery Wizardを使ってSDカードの中を復元してみた

こんにちは、谷町悠之介です。

みなさん、カメラで撮ったデータはちゃんとバックアップしていますか?
谷町は10年以上の写真データを外付けのHDDバックアップしています。
バックアップできた分は一安心なのですが、SDカードが急にデータを読み込まなくなって困ったことがありました。こればかりはデータを諦めるしかありません。
しかし、こんな時データ復元ソフトがあると便利ではないでしょうか?
今回はEaseUS Data Recovery Wizardを用いてSDカードカードの中身を復元してみようと思います。

続きを読む

HTC U12+タッチ&トライイベントに参加してきた

先週の話ですね……。すいません。

先週行われたHTC U12+のタッチ&トライイベントに参加してきました。
結論から言うと、U12+は買いです。MNOから脱獄してでも買いましょう。
むしろ、auとSoftBankはこれをキャリアとして出さなかったことに非常に失望しています。

続きを読む

一太郎辞めたい

ATOKは続けても良いとしても、一太郎はそろそろ本気で辞めたいと思っている。

官公庁と文章書きなら一太郎なんてのが言われて久しい。しかし、官公庁でもWordにしますという動きは活発だし、文章書きも余程好きじゃないとわざわざ追加コスト払って一太郎なんて導入しないと思う。私もそんな物好きの一人で10年以上愛用しているが、そんな人間でも辞めたいと思うのだ。

原因は何か。一言で言えば、モバイルOSへの対応する気が全くないJustSystemsに心底嫌気がさしたのだと思う。

一太郎の独自ファイルはAndroid,iOSだと編集する手段がない。ビュワーアプリはあるので開くこと自体は可能らしいが、これがとんでもないクソアプリで全く使い物にならない。

iPadにはPagesとWordというワードプロセッサがある。私はWindows遣いという関係で後者を使うが、一太郎で書いた文章を編集するには

1.一太郎でWord形式(しかもdoc形式)で保存
2.Wordでdocファイルを開く
3.docx形式にコンバート

という3ステップが必要になる。
アホかと馬鹿なのかと思いたくなる。

更に言うと、一太郎ではdocx形式を開くことは出来るが「保存が出来ない」
保存しようとすると一太郎の独自ファイル形式で保存させようとする。
ここまで来ると最早ギャグの領域ではないかと思えてくる。

一太郎の機能は非常に満足している。しかし、ガラパゴス過ぎてもう使うのが苦痛になってきている。

外での物書き環境をiPadに変えようとしているので、今後は互換性を考えてPCでもWordを使おうか迷っている。昔のクソだったイメージが強くて、Wordを使うのに若干の抵抗があるが、ガラパゴスよりはマシだろう。
今後一太郎の年次更新は辞めようと思いつつ、一太郎 for iOS/Androidの登場を期待したい。

ThninkPad Edge E145をCore i5化した

今年初めに喜び勇んでジャンクから組み上げたThinkPad Edge E145。
当初からわかりきっていた事なのだけど遅い。死ぬほど遅い。

ゲームやらないし、ブラウジングしつつ文章書いて、ExcelやOneNote起動できればいいやーと志低く運用していたにもかかわらず遅い。

SSDは高速だし、メモリも8GBある。なのに遅い。
さすがにどうしようもなくなってきたので、禁断のシステムボード替えを敢行してみた。

ヤフオクにて液晶不具合ヒンジ破壊だけど、システムボードは生きているThinkPad Edge E130を落札。本体の他にACアダプター付ており、ポイント利用し実質400円くらいで購入できた。

この個体にはCore i5 3337Uが搭載されていた。
E130では一番良いSKUで、Ivy Bridgeではあるが定格1.8GHz、Turboで2.7GHzまで回る。
passmarkの数字だとA4-5000と比較して約1.5倍。しかし、体感だと異次元のスピードでデスクトップPCに使用しているA10-7870Kに肉薄するほどだった。

換装については、以前書いたE145の記事を参照して貰うとして、E130/E145は筐体設計が全く同じなので、各々のボードがそっくり入れ替えられるのがとても面白いと思った。

換装ついでに手持ちのE130から16GBメモリと高速なWiFiモジュールを交換し、出来上がったのは筐体はAMD A4のエンブレムが貼られたThinkPad Edge E145なのに中身はIntel Core i5という訳のわからないPCである。

使えればなんだっていいんだよ、うん。