カテゴリー別アーカイブ: PCとかガジェットとか

ネット回線をドコモ光に変更したらIPv6までついてきた話

長らくブログほったらかしだったので簡単な記事を書いてみます。

先月に色々あって、インターネット回線をドコモ光に切り替えました。
今までは超マイナーだけどサポートや品質のいいプロバイダを使っていましたが、若干割高だったので、コスト削減ということで光コラボに乗り換えてみようと思い立ちました。

乗り換え先は家族の携帯代が安くなるドコモ光に決め打ちし、即申し込みました。
ネットからでも出来たようですが、ついでに料金見直しもしたかったので、docomoショップで相談がてら手続きをしました。

その際に必要だったのは、MNPの転出番号のような「転用承認番号」です。これは、ネットで15分もあれば入手できるので、サクッと入手しましょう。

申込みから10日ほどで切り替え工事が行われるそうです。というのも、うちの場合は宅内工事が無く気がついたら終わっていました。ルーターの設定がそのままでもインターネットに繋がる程なので、そんな難しい工事でもないのでしょうか。

ドコモ光に切り替えた際にプロバイダも変えました。正直、毒壺からマシな毒を選ぶような心境でしたが、その中でも昔からの老舗的なところを選びました。結果それが大正解だったわけですが……。

うちの回線は、最大1Gbpsで切り替え前は下り250Mbps/上り400Mbpsとそこそこ速い方でした。
ドコモ光に切り替わった直後は夜に動画視るのが厳しい状況になりかなり辛かったです。

どうにかならんものか、と調べてみるとIPv6に行き着きました。
今までは導入にハードル高そうなイメージがあって敬遠していましたが、よくよく調べると

  • 回線→対応済
  • プロバイダ→対応済
  • ルーター→対応済

……と、全部対応済で設定だけ変えればすぐにでもIPv6が使えました。ビックリだよ。

ipv6

ルーターの設定して、すぐにこれでした。すごーい!
回線速度は夜でも上り下り共に200Mbpsをくらいなので十分です。

まとめ
様々なラッキーがあったにせよ、コスト下げて回線速度下がらないという事ができました。
どこでもこうなるかは微妙ですが、こういう結果もあったんだよということで。

HTC users’ meetingに参加してきたレポ

7/3に開催されました、HTC サポーターズ クラブのイベントであるHTC users’ meetingに参加しました。
ユーザーミーティングはXperiaの時以来なので約1年半振りでしょうか。やはり人気があるので、参加できて嬉しかったです。
写真多めなので、分割します。

続きを読む

ThinkPad T450を限界突破改造した話

谷町はThinkPadが大好きです。
ヘビーなマニアとまでは行きませんが、多いときで6~7台、今は2台のThinkPadが家にあります。
T450とE130とどちらもそこそこ新しめなので充分使える子ばかりです。

うちに来た子は概ね中古かジャンク品で、修理したり改造して遊んでは使い倒す感じでした。
その為、保有している期間は意外に短く、2年以上保有しているのは実家に置いてきたE420と今のメインマシンであるT450くらいです。今回はT450の話を書いてみます。

T450は変わり者なおじさんからジャンク扱いで恐ろしく安価で譲って貰いました。
当初のスペックは
Core i7 5500U
PC12800L 8GB
SSHD 500GB
dGPU GeForce 940M
Display 14inch 1600×900 TN
WLAN 802.11 b/g/n
US keyboard

それを徐々に改造していって
Core i7 5500U
PC12800L 16GB
SSD 480GB
dGPU GeForce 940M
Display 14inch 1600×900 TN
WLAN 802.11 a/b/g/n/ac
US keyboard
まで持っていきました。

スペックは谷町の用途には十分で、文章書きからRAW現像までこなしてくれます。
重量1.7kgあるのが玉に瑕ですがバッテリーの持ちも8時間近くあるので、鞄を二つにすれば持ち運びも可能ではあります。
ここまでやってデスクトップPC必要ないくらいに快適になりました……が、最大の欠点だけは解消できませんでした。

それは、ディスプレイです。
TN液晶はRAW現像するには致命的に合いませんし、そもそも品質があまり良くない物だったので、長時間使うと目は疲れるし、中途半端な解像度なのでイライラしっぱなしでした。
T450sならフルHD IPS液晶が搭載されていますが、中々踏ん切りのつく価格でマーケットで出ていませんでした。

で、今後どうするかと考えて出たのが
・dGPUとフルHD以上のIPS液晶が載ったPCに買い換え
・液晶パネルの交換
・RAW現像は諦める
でした。
買い換えは、そもそも条件に合うPCが見つかりませんでした。15inchくらいのゲーミングノートかSurface Book、ThinkPadだとT460sくらいです。
15inchは重い、Surface Bookはいいけどクソ高い、T460sはdGPUがショボいとどれも欠点があります。
また、液晶パネルはeBayでしか手に入らなそうで敷居が高い、T460sは中古流通数が少ないし、あっても割高です。RAW現像を諦めるのはちょっと困るので、だったらリスク覚悟で液晶パネルと交換しようと思い立ち、ebay代行業者を通して、個人輸入しました。

IMAG0520
特に問題も発生せず約10日ほどで到着し、早速交換。例によって保守マニュアルを参照しつつ交換していきます。15分ほどで換装ができました。最近の子は楽ですね。

IMAG0521

IMAG0522BIOSもOSも問題なく起動。解像度も1920×1080で動きます。IPS液晶なので表示品質も文句なしです。
……ところが一つ問題が発生。なんと、輝度調整ができなくなりました。
元の液晶パネルに戻すと輝度調整ができるので、交換したパネルの問題のようです。
不良品引いたか、と思い代行業者経由で交換交渉をしてみましたが、交換するにも送料やら手数料やらで2万はかかるとのこと。元値7000円のパネル(+送料)でそれはキツいと思ったので、泣く泣くこのまま使うことにしました。

フル発光なので夜は眩しいのと、バッテリーの持ちが3時間程度になってしまったのが痛いですが、表示品質は文句ないのでこのThinkPadの個性ということで、このまま使うことにします。

というわけで、T450の改造最終上限を超えてみました。後できるのはmSATA SSD刺すくらいでしょうか。
T450に付けられるフルHD IPS液晶パネル自体はeBayに限らず探せばあるので、根性があれば交換はできます。しかし、今回のように不具合が出てきても笑える程度に余裕がないと難しいかもしれません。資金があれば、T460sやSurface Book辺りに行くのがいいと思いました。

近況とかお知らせとか

こんばんは、谷町悠之介です。
長らく放置していましたが、近況やお知らせなどをば。

お知らせ
ナキムシケンシの活動をしばらく休みます。
夏と冬のコミケは、夏は暑さで消耗し、冬は年末年始の準備で消耗するところに締め切りが入ると確実に死ねる為、コミケは体調がよくなるまでは自粛することにしました。
コミティアには参加するかもしれませんが、少なくとも今年いっぱいは参加しないことにします。
るい×とれの続きはカクヨムに掲載予定です。本はBOOTHに置いていますが、需要なさそうなのでこの調子だと辞める予定です。

近況
たいちょうわるいつらい

……だけだとあれなので少し。
今年に入って忙しくなったり暇になったりとよくわからない状況になっています。
ボドゲの予定が多めになって、物書きや写真の予定が減りました。それ以外も増えました。そんな状態な上に気候変動が激しくて体調を整えるのも難しく、だいぶしんどい感じです。
あとは、ぼけーっとしていることが増えました。家にはコタツがあるのですけれど、こたつに入って、ThinkPad広げてTweetDeck眺めているだけみたいなことがよくあります。このままボケそうで怖いので、文書書こうとしてもどうも気が乗らないみたいなことが続いています。
都市型トレジャーハンティングも冬場は寒いのでフリマに行くことも少なく、これもあまり気乗りしない感じです。
こうなったら筋肉でもつけたほうがいいのかもしれません。筋肉は裏切らないそうですし……。

APUで自作PCを作った+Dual Graphicsも試してみた

昨年末、唐突に嫁のデスクトップPCが壊れました。

症状としては、Windows10インストールして1~3回再起動すると、SSDのパーティション全部ぶち壊す、というどこが壊れたのかがいまいちわからない感じででした。
SSD自体はS.M.A.R.T.に問題は見られないですし、使用時間も500時間程度。なにより、他のPCで使ってみたら問題なく使えるという不可解さ。
嫁のPCは、本人は希にSteamで買ったゲームをやる程度で殆ど使わず、たまに私が24インチディスプレイで現像したいのでLightroomを使う程度でした。正直、あると便利、なくてもあまり変わらない感じだったので、使えそうな部品だけ残して処分も考えました。
ただ、デスクトップPCは一台あった方がいいと思ったので、横に転がっていたAthlon 5350マシンを代替機にしたのですが、クソ遅いのなんの……。
Lightroomがストレス感じるレベルで使い物にならないのは流石にどうかと思いました。

というわけで、まだ使えそうなパーツや使わなくなったPT3等を売り払って一台組むことにしました。
嫁PCのパーツも少し出しますが、放出パーツは私のものが多いので、今回の自作PCの所有者は私になるようです。自分用の自作PCとか何年ぶりだろう……。

 

IMAG0091 1

ヤフオクでパーツ類を売り払い、その収益持って秋葉原に行ってきました。
収益といってもたかが知れているので、今回はこんな方針で行きました。
・Intelは高いからやめよう
・コスパ重視
・中古メイン

そんな感じでパーツショップを見て回り、こんなPCが出来上がりました。
CPU:A10-7870K
M/B:ASRock  FM2A88M-HD+ R3.0
RAM:DDR3-1600 8GBx2(1本は使い回し)
SSD:120GB(使い回し)
HDD:1TB(使い回し)
ケース・電源も使い回し
RyZenがそろそろ出るというのにと言われそうですが、どうせ初値は高いし、新品で揃える羽目になるので方針に合いません。
そんな空気もあってか、買ったパーツ類はどれも激安で若干おつりが残るくらいでした。

サクッと組み立てて、Windows10も突っ込んで必要なソフトも入れてで2時間半くらいで環境が構築できました。OS入れてからの作業が恐ろしく速くなったのはいい時代になったなぁ、と思います。
動作もキビキビしていて、Core i7 2600だった嫁PCと体感ではあまり変わりませんでした。LightroomもIllustratorもサクサク動きます。
重いゲームは流石に無理そうですが、ToSくらいだったら問題無さそうです。
121
ちなみに、嫁PCはGeforce GTS450を積んでいました。で、APU内蔵グラフィックとカタログスペック上はあんまし変わらない感じなんですね……。

そういえば、APUは特定のチップセットを積んだマザーボードとGPUを組み合わせるとDual Graphicsという機能が使えるようです。
GodavariなA10-7870Kだと、Radeon R7 240/250というGPUを組み合わせると使えるようでした(推奨はR7 250)。
Radeon R7 250は、いくつかのバージョンがあるようで、特定のものじゃ無いとダメという複雑怪奇さ。
地雷踏まないように気をつけて、なんとかRadeon R7 250を入手しました。

早速取付けて、Windowsを起動し、Radeon設定を開くとこんな感じに。
01
02

何の設定も必要なく、自動的にDual Graphicsになっていました。もうちょっと一波乱あるかと思ったのに……。
200940

GPU-Zを見ると、CrossFireが有効になっているのがわかります。右はThinkPad T450に搭載されているGeforce 940M。
ベンチマーク走らせる気はないので比較はできませんが、性能はどっこいくらいそうです。どんぐりの背比べくらいの性能でしょうが……。

今回は見つけたRadeon R7 250はお値段グラブルガチャ10連1回分だったので、好奇心とロマンでDual Graphicsを試してみました。
しかし、性能はR7 260刺した方がずっと良いらしいです。本当に何の意味があるのかと問いたくなるところですが、面白い機能なのでガチャで一喜一憂するよりは有意義かもしれません。
あ、あと特定のゲームじゃないとDual Graphicsは働かないらしいです。
……
グラブルガチャ10連の方がよかったかも……。