カテゴリー別アーカイブ: 同人

C89お疲れ様でした

こんばんは、谷町悠之介です。
C89お疲れ様でした。谷町も無事にサークル参加が出来ました。
スペースにお越し下さった方、ご興味頂けた方、本当にありがとうございました。

新刊(?)だったるい×とれ第一話第三版は無事搬入数ほぼ全てが人の手に渡り、既刊の第四話、第4.1話もちょくちょく出ました。
特に第一話で興味を持って下さった方が多かったのでとても嬉しいです。

一方、第2話3話が無かったため、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
第2話3話も早めに分冊化する予定ですのでお待ちください。
そして、第五話は待って下さる方が本当に多いようで真っ先に書くように頑張ります。もう一年以上待たせていますよね……。

なお、通販ですが、書店様への委託は以前、Comic ZIN様に委託を拒否られたので多分無理だと思われます。こちらからもお願いを出してみますが、もしご希望の方いましたら書店様にご要望を出して頂けたらと思います。

来年は第五話、そしてるい×とれ以外の話も出せたらと思います。
どうかよろしくお願い申し上げます。

C89の出し物の話

絶望、絶望クリスマス~
……すいません、取り乱しました。
えと、C89の出し物のお話しです。

C89のスペースは東ポ-56bです。コミケWebカタログはこちら

予定しておりました「るい×とれ第五話」は体調不良やら何やらで延期になりました。
楽しみにしていた方、誠に申し訳ありません。

C89では半新刊のような物と既刊を持っていこうと思います。
・るい×とれ 第一話第三版 24p 300円
ご要望がありました第一話を全面的に書き直し、初めての方でも読みやすいように分冊化しました。
8割書き直し、主人公補正は50% UPなリューをお楽しみ下さい。
・るい×とれ 第4.1話 14p 100円
10月に行われたテキレボ2が初出の本です。第四話と五話の間に挟まる小さなお話です。
リューの悩みとある男の「病」の話が主軸です。

出し物は以上です。念のため第一巻と第四話は一冊ずつ持っていきますが、試し読み用だと思って下さい。
では、イカよろしくーー(久しぶりにSplatoonやりたい!)

C89参加します

ブログを長らく放置していました。いかんいかん……。
もう当落発表から一月以上過ぎてしまいましたが、冬コミに当選しましたので参加します。
日程は、12/30(水)、スペースはポ-56bです。島中だよ!
コミケWebカタログはこちらです。

出し物はるい×とれ第5話……の予定ですが、進捗があまりよろしくないので微妙です。オトシタラゴメンナサイ
また、テキレボなどでご要望があったので、第1話を分冊化しようと思っています。
ただ、いつもの印刷屋さんが人気で埋まってしまったので先行きが非常に不透明です……。

引越しやら何やらでバタバタしてしまったので、何もかもが後手後手になっています。
誠に申し訳ありませんがよろしくお願いします!!

Text-Revolutions 第二回参加します

告知すっかり忘れていました……。

10月10日に浅草の都立産業貿易センター台東館で行われますText-Revolutions 第二回に参加します。
スペースはB-09になります。Webカタログはこちらです。

出し物は、既刊のるい×とれ第一巻第2.99版、第4話と新刊としてちょっとした外伝を出す予定です。
出来れば2~3話分書きたかったのですけれど、いつものスロースターターぶりが祟って、現状で1話の半分が書き終わった状況なのでどう頑張っても2話分しか載せられません……。下手したら1話だけかもしれません。タブンソウナルヨ

既刊・新刊共にごく少量しか持っていきませんので、もしご所望の方はお早めのご来場をご検討ください。
どうかよろしくお願いいたします!!

C88、スペースありませんとかの話

C88、スペースありません。いじょ。

……さすがにそれだけではどうかと思うんだ。
こんにちは、谷町悠之介です。

そんなわけで夏コミはスペースありません。委託とかもありません。そもそも新刊もありません。
次回は10月のテキレボに申込みをしましたが、新刊が出るかは不透明です。

最後に新刊出したのは昨年の夏でした。それから早一年。なろうの更新停止してから4ヶ月が経ちます。
お察しの方もいらっしゃるかと思いますが、現在極度のスランプ状態に陥っています。

いや、スランプとは言わないか。「書くこと」に対して「満足」してしまった自分がいると言った方がしっくりくるかもしれません。
「満足」した故に、文章を書く原動力、書くためのなにかが枯渇してしまいました。
るい×とれも一巻の増補修正版を出した時点でなぜか「満足」してしまいました。

ありがたいことに続きを待ってくださる人もいます。第一話は書き直した方がいいと言われましたし、自分でもそう思った事はあります。書くつもりでプロットを煮詰めたおはなしもあります。

なぜ「満足」してしまったのでしょうか。
自分の身を取り巻く環境の変化、嗜好の変化……なんかしっくりこないな。
だけど、「満足」と言うコトバが一番しっくりくるのです。
文筆活動数年、長編を一本書いただけの人間が「満足」するなんて烏滸がましいことです。もっと足掻いて、足掻いてどうにかするべきなのかもしれません。
ですが、何故か動けないのです。動こうとしないのです。

ジタバタしてもダメなら何もしない。したくなったら何かする。
ど忘れしたけど、映画かなんかで誰かが言っていました。
いつになったら何かをしたくなるのか。こんな状態がいつまで続くかわかりませんけど、もう少し続くと思います……。